新春初釣り! メバリングゲーム

 梅田洋樹_顔写真.jpg
梅田洋樹
(エコギア フィールドスタッフ 山口県在住)
フィールド:山口県

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
エコギア フィールドスタッフの梅田洋樹です。

2019年も始まりましたね。みなさん、初釣りには行かれたでしょうか?
私は1月2日に初釣りでメバリングに行ってきたので、レポートしたいと思います。

最初のポイントは常夜灯とマンメイドストラクチャーが絡むポイント。
風もほぼなく絶好のライトゲーム日和です。
時折、水面を何がライズしているのでフロートリグでスタート。

ワームはメバル職人 メバダート1インチ(288: クリア レッドFlk.)に、ジグヘッドはアジチョンヘッド0.4gです。



SKIP IN THE SHADE

これをスローに落とし込んでいき、誘います。するとすぐにヒット。

mebaru1_0111.jpg

狙い通り、メバルでした。

その後もコンスタントにメバルが釣れますが、少しアタリが遠のいてきたタイミングで
ワームをメバル職人 ミノーSS(228: ピュアクリアホロ)へチェンジ。



その1投目でもヒットに持ち込むことができました。

mebaru2_0111.jpg

ワームをメバダートからミノーSSにチェンジすることでシルエットとボリュームを変化させ、ヒットに持ち込むことができました。

そして潮が引いた時に好ポイントとなる場所へ移動。
ここでもフロートリグでスタート。

潮が速く複雑で、沖にキャストすると左へ。しかし手前は右流れ。
上手くラインメンディングしないとまったくアタリがわかりません。
そんな潮の中でも必ずフロートが落ち着く場所があるので、その場所を見つけ出してヒットへ持ち込みます。

mebaru3_0111.jpg

ここで活躍してくれたのがミノーSS。
メバルは流れてくるモノを捕食している様です。しかし潮が速い為、長く留めておくことが出来ません。
そんな時にメバダートよりもボリュームがあるミノーSSの方がアピール力があり、メバルが見つけてくれやすくなります。

mebaru4_0111.jpg

結果、ポイントの特長やメバルの活性に合わせてワームをローテーションすることで
初釣りから多くのメバルをキャッチすることができました。

一概には言えませんが同じワームを4色持ち込むよりも、
シルエットやボリュームの違うワームを2~3種類持ち込む方が好釣果に繋がることがよくあります。

また低活性時などではエコギア熟成アクアなどの食性を刺激するワームも効果的です。



みなさんもぜひ、エコギアワームでメバルを狙ってみてください!