アジングだけでなくメバルも楽しめるロッド「エコギアスペックKATSU-AJI」

野呂 昌明
野呂昌明(エコギア / ノリーズプロスタッフ 神奈川県在住)
フィールド:神奈川県 東京湾

皆さんこんにちは、野呂昌明です。

2019年も2月に入り、東京湾のメバル釣りが解禁になりました。
私が東京湾で楽しむメバルゲームのスタイルはボートメバルゲームです。

オカッパリに比べてたくさんのポイントを転々と移動できる事と、何よりもたくさんのメバルに出逢えることで
色々なアプローチ方法でメバル釣りが楽しめるので、とにかくゲーム性が非常に高いところにあります。

またポイントによってはライトリグでのストラクチャーに対してのギリギリのアプローチになるので、
キャストコントロールひとつとってもかなりの技が必要です。

また、時にはストラクチャーに対して奥の奥にルアーを撃ち込んで、そこからヒットしたメバルとのやり取りで
ラインが切れるか切れないかのメバルとの極限の勝負に勝ち、キャッチできた時は、なかなかオカッパリでは味わえない感動があります。

aji_mebaru1_0209.jpg aji_mebaru2_0209.jpg

そして東京湾のボートゲームでは、ここ数年でアジングが大ブレイク中。
メバルを狙いながらアジも狙えてしまうので、欲張りなアングラーにはあれもこれもやりたくなって
時間がいくらあっても足りないと感じてしまうかもしれないくらいボートゲームには様々な魅力が満載です。

しかし狙う魚種が増えるとどうしてもそれに比例して増えてしまうのがタックルです。
ロッド、リール、ライン、ルアー等々、メバルとアジを両方楽しむにはあれもこれも揃えないといけないのでは?と思われがちですが、
メバルゲーム、アジングが共に同じタックルでできてしまうのが「エコギアスペック KATSU-AJI 67/69」です。

aji_mebaru3_0209.jpg

自分の場合は、フロロの1.5lbをメインラインとして使用することで、さらに2魚種を両立できるようにしています。

一般的にメバルロッドはアジングには不向き、アジングロッドはメバルには不向きというロッドが多い中、
「エコギアスペックKATSU-AJI」シリーズはアジングに特化しているのはもちろんなのですが、メバルにも対応可能です。

オカッパリと違いアプローチ距離の短い東京湾のボートメバルゲームではロングキャストする必要がありません。
ボートゲームでロッドに要求されることは、操作性、ロッドパワーとなりますが、「KATSU-AJI」シリーズは共にバッチリ対応してくれているので、
「エコギアスペックKATSU-AJI」の67と69、この2本だけあれば余計なタックルが増えることなく、
メバル、アジが同一タックルで楽しむことができてしまうのです。

aji_mebaru4_0209.jpg

これからボートゲームに興味がある方や今タックル選択に悩まれている方には絶対オススメですよ。

メバルにアジにといっぺんに楽しめるフィールドは中々ないと思います。
最盛期の東京湾に「エコギアスペックKATSU-AJI」シリーズを持って是非遊びに来てください。


<タックルデータ>
ロッド:エコギアスペック KATSU-AJI 67/69
リール:2000番
ライン:フロロ 1.5lb
ルアー:アジ職人メバル職人ロックマックス2インチ
    + アジチョンヘッドシラスヘッドファイン