やっと見つけた! 春一番の大物オオモンハタ

P1050785.jpg
葛原正夫
(エコギアプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 紀東エリア

夏から秋にかけてのベストシーズン、そして冬から春の時期はボウズ覚悟のBIGフィッシュ狙いと、
一年を通してロックフィッシュを狙ってフィールドに通っています。

この厳しい低水温期のシーズンについても、例年だと少ないにしても釣果を出すことができているので、
今年もある程度は釣果を出すことができると思っていました。

が、しかし、この冬から春の低水温期にまったく釣果を出すことができず、どのエリアに通ってもノーバイトの日々の繰り返しでした。
それでも諦めきれず、紀東エリアのポイントをルーティーンし、何の情報も無く、日々探し回り続けました。

そうしているうちに4月に入りましたが、水温も16~17℃までの間を行ったり来たりで、魚の活性が上がるような潮も入ってくるタイミングが無かったように思います。
そして4月も中盤に差し掛かった頃に、海水温が少しずつ上がりはじめ、安定しないにしても18~19℃まで上がってきました。

そんなタイミングでたまたま入ったエリアで、いつものように魚を探しながらキャストしていると、沖のほうに小さなベイトの群れを確認できました。

このチャンスを逃してはならないと思い、魚に警戒心を与えないようにベイトの群れの向こう側にリグをキャストする必要がありました。
そのためかなりの飛距離が必要であったので、ハタジグブレードをつけた「巻きメタル」をセットしました。

 (ハタジグ HJ04:コットンキャンディー)

(ブレードスピン リーフ シルバー)

そして群れの沖側にキャストして、ボトムを取ってからリーリングしてくると、
リール10巻くらいのところで「ゴツン」とバイトがあったのですが、フッキングせず。

そのまま巻き続けていると「ゴンッ、ジー」と強烈なバイトからラインを出していきました。

ここからはあまりラインを出すことができないため、ドラグを強めに締めて、強引なやり取りに持ち込みました。
ノリーズオーシャンの新しく追加になったロッド、ロックフィッシュボトム パワーオーシャンRPO86XHS2を使用していたため、
強引なファイトでもロッドのバットパワーを気にすることなく、良い感じに魚とのやり取りができました。

そして水面に上がってきた魚は、冬からずっと探していたオオモンハタ!
ここでランディングにてこずってフックアウトしてはいけないため、迷わず抜き上げてランディングしました。

rock1_0425.jpg rock2_0425.jpg

このナイスオオモンハタを手にしてからしばらく、手の震えが止まりませんでした。
そんなスリリングで感動的なナイスフィッシュに出会うことができ「こんなに嬉しいことはめったに無い」と感無量です。

今年の春一番のオオモンハタは例年と比べると少し遅めとはなりましたが、今年も期待できそう?といった感じです。
ロックフィッシュゲーム! オオモンハタ、アカハタ共に今シーズンも楽しみです。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO86XHS2
リール:18ステラ4000
ライン:PE 1.5号 リーダー:フロロ 7号
ルアー:ハタジグ(HJ04:コットンキャンディー) + ブレードスピン リーフ(シルバー)