キレの良いダートマックスの誘いで春イカ攻略!

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

三谷_顔写真.jpg
三谷信裕
(エコギアフィールドスタッフ 高知県在住)
フィールド:高知県 高知沖

5月10日 中潮。
14時半頃が干潮のため、13時半にポイントへと入り、下げ止まり前からエギングをスタート。
もちろん狙いは春の大型のアオリイカだ。

まずは3.5号で第一投してみるが、横風がかなり邪魔な状態。
そこでエギを安定させるために4号へとチェンジし、ボトム付近のフォールで誘っていく。

D21DM:オレンジストライプドットマーブル(ダートマックス D21DM:オレンジストライプドットマーブル)

ほぼ足元というところで最後にともう一度ボトムを取り、シャクリ上げの後、フリーフォールさせるとラインが止まった。

egi1_20190514.jpg

上がってきたのは約800gのオス。サイズはさておき開始2投目でのHITで幸先の良いスタートがきれた。

しかしながら潮止まり前、動き出しをチャンスと考えていたタイミングを攻めていくがアタリすら無く、時間だけが過ぎていく。
16時半頃の事、堤防の先端で釣られていた先行者の方が帰られたので、先端へと移動する。
ここからは漁港内への船道の掘れ込みを攻め易く、このポイントに絞りキャストを続けた。

夕マズメを意識し始めた17時半頃、明らかにベイトの動きが活発になってきた。
すると、シャクリ感が重くなり、良い潮の動きを感じられるようにもなった。
ちょうどこの頃に風もほぼ止んだ事から、エギを3.5号へとチェンジ。

D26CM:オレンジタイガーカモマーブル(ダートマックス D26CM:オレンジタイガーカモマーブル)

手前への移動距離を最小限に抑えるべく、軽い力で数回ダートさせては、ロッドワークで張らず緩めずの状態をキープしたままフォールさせていく。
これを続けること数投目、ラインに"パツン"と弾かれるようなアタリ。

すかさずアワセを入れると、トルクのある心地よいジェット噴射でドラグが唸る。
上がってきたのは、春のデカイカと呼ぶにふさわしい、約2,600グラムのオスのアオリイカであった。

egi2_20190514.jpg egi3_20190514.jpg

大型のアオリイカには、動かしすぎては良くないが、スイッチを入れるにはキビキビした動きが必要なことが多く、
ダートマックスは非常に効果的。
軽い力でしっかりとダートするため、女性や子供たちにも使い易い作りとなっています。

また、今回使用したエギングプログラム EP710Hは、ダートマックスと相性が良く、
合わせて使う事でよりエギの特性を引き出してくれます。
熟練者のはもちろんの事、初心者にも是非使用してもらいたいタックルです。


<タックルデータ>
ロッド:エギングプログラム EP710H
ライン:PE 0.6号 リーダー:フロロ 2号
ルアー:ダートマックス 4号(D21DM: オレンジストライプドットマーブル)、
    ダートマックス 3.5号(D26CM: オレンジタイガーカモマーブル)