ダートマックスのクイックダートでスイッチオン

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

鈴木_顔写真.jpg
鈴木智也
(エコギアプロスタッフ 福井県在住)
フィールド:福井県 越前海岸

満月・大潮というタイミングでのオールナイト釣行。

私のフィールドである越前海岸はあまり干満差がないので、どちらかと言えばその場の潮の流れを期待するのが一般的です。
そして大潮はあまり流れが出にくい事が多いのですが、時期的にもこのタイミングは期待できると信じて今季初ポイントへ。

満潮と日の出が絡み、釣れるとすれば朝マズメの辺りだろうと思いながらも、夜中から釣りを始めました。
始めてから1時間程で、同行者が藻の頭でメスのアオリをヒット。
しかし、イカはいるということを確信して投げ続けるも、その後は反応無し......

遠くの空が明るみを出してきた頃、カンナに藻が触れた感覚。
アワセるわけでもなくロッドを煽ってみると、アオリイカがラインを出していきました。
しかし、パッと離されてしまい痛恨のバラシ。

立ち位置を少し変え、イカにもっとエギをアピールさせたいと思い、
キャスト後あまり沈めずにロッドを大きく煽ってエギを跳ね上げ、その後トントンとダートさせ、
その場でステイさせてから今度はハイスピードのクイックダート。そしてまたステイを繰り返す。

すると唐突にアタリ!
ドンと乗ってから、潮に乗り走るアオリ。

egi1_20190524.jpg

1.8kgのオス。

計測している間に、ガリガリとエギをかじられてしまう。
そのかじられたエギをそのままキャストして、同じ様にハイアピールで誘い出すとまたアタリ。

egi2_20190524.jpg

サイズは落ちたが連発で1.5kg。

周りが明るくなり始めてきたので、朝マズメに強いカラーに変更。
数投後、また同じような誘い出しで釣れる。

egi3_20190524.jpg egi4_20190524.jpg

サイズはどんどん落ちるが、全てオス。おそらくスポーニングに差してきた雰囲気。
そして最後にもう1発!

egi5_20190524.jpg egi6_20190524.jpg

短時間で春アオリが連発してくれ、腕も体もヘロヘロに疲れたので納竿。
本当に、ダートマックスの素早いクイックダート、コレは武器になります。
釣れない時こそ、ハイアピールでイカにスイッチを入れるイメージで誘い出してみてください。


<タックルデータ>
ロッド:8フィート8インチ エギングロッド
リール:ステラC3000SDH
ライン:PE 0.5号 リーダー:フロロ 1.75号
ルアー:ダートマックス3.5号