梅雨入りからのロックフィッシュゲーム

P1050785.jpg
葛原正夫
(エコギアプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 紀東エリア

自分のホームグランドとする紀東エリア(尾鷲・熊野)に日々通いつめておりますが、
梅雨入りして以降の釣果について報告したいと思います。

ショアからのロックフィッシュゲームのメインは、
ハタジグにブレードを装着した「巻きメタル」をメインで使用して、
オオモンハタ、アカハタを中心にランガン(動き回って探し当てる)ゲームをしています。

HATA JIG  BLADE SPIN

rock1_0711.jpg rock2_0711.jpg rock3_0711.jpg rock4_0711.jpg

例年であれば、一度オオモンハタを見つけてしまえば、それから数日間は狙える可能性があるのですが、
今年の梅雨入りからは、一度探し当ててもその日限りのパターンとなっているみたいで、
できる限り色々なエリア(湾奥、沖磯、ディープ、シャロー問わず)に足を運ぶようにしています。

そうして探し回っていると、シャローエリア沖のブレイク付近にパラパラとベイトが見えるポイントがあったので、
そこをハタジグでボトムを取ってから巻いてくることにしました。

HATA JIG

そしてピンスポットのブレイクに差し掛かったところで良い感じにバイトしてきたのですが、フッキングせず......
そのままフォールさせていると続けてバイトするも、残念ながらフッキングに至らなかったので、
さらに巻き続けていると、「ゴンッ!ジー」とオオモンハタらしい強烈なバイト。

三度目にしてやっと乗せられたオオモンハタは、何度も何度も根にスタックされましたが、何とかランディングすることができました。
その手強かったオオモンハタはキビナゴを沢山食べたナイスサイズの個体でした。

rock5_0711.jpg rock6_0711.jpg

いつもながら、このアグレッシブすぎるオオモンハタのバイトからのファイトには驚かされます。
そしてハタジグを使った巻きメタルの釣りで、あまり巻かず浮かさず、ボトムを意識しながらアカハタを狙ってみると、
このエリアにしては可愛いサイズですがポツポツ釣れる感じでした。

rock7_0711.jpg

オオモンハタの反応が無いときは、こんな感じでアカハタを狙ってみると面白いです。

それと、今年は数が多いのかもしれませんが、朝マズメや夕マズメにかけて小型の青物の反応がよく高確率でヒットしてきます。

rock8_0711.jpg

そして一番驚いたのが、何度も何度もしつこくバイトしてくるのにフッキングしない魚がいて、
このしつこさはオオモンハタか?とも思ったのですが、オオモンハタはほぼ100%に近いくらいフッキングするので、
その魚が何なのかわからなかったんです。

そのなかなかフッキングしないバイトに対してリーリング速度を下げると、3投目~4投目くらいで何とかフッキングさせることができました。

その魚は、どっかのタイミングで出会うだろうと思っていたイサキでした。

rock9_0711.jpg rock10_0711.jpg

それも40cm近いナイスサイズのイサキで、何とも言えないくらい嬉しかったです。
なかなかフッキングしないイサキをメインに狙うのであれば、リアフックを装着すると改善されそうです。

そしてボートロックの方は、コールアップヘッド40gにバルト4インチでオオモンハタとアカハタの反応が良かったです。

BREAMER VIBE  BALT

オオモンハタについては、狙ったエリアがシャローだったため、
一度ボトムを取ってからは再度ボトムを取らずに一定のリズムでスイミングさせバイトを拾っていき、
中層よりも浮いたレンジでもバイトが出る感じでした。

アカハタについてはボトムタッチでのヒットとスイミング中に浮いてヒットするパターンがあり、
浮いてバイトする個体については40cm近い良型が多かったです。

rock11_0711.jpg rock12_0711.jpg rock13_0711.jpg

いつもやっているハタジグの「巻きメタル」については、自分なりの新しい課題ができたので、これからもフィールドに通って勉強します。
これから梅雨明け夏本番のロックフィッシュゲームが楽しみです。


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO86XHS2
リール:18ステラ4000
ライン:PE 1.0号 リーダー:フロロ 7号
ルアー:ハタジグブレードスピン リーフ(シルバー)