グラスミノーで、ランカーメバル2連発!

kawashima.jpg
川島浩平
(エコギアプロスタッフ 岩手県在住)
フィールド:岩手県 釜石市

皆さん、こんにちは。
エコギア プロスタッフの川島です。

各地で大雨による災害が多かった今年の梅雨。
被害に遭われた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

今回は、岩手県 釜石市でのボートロック釣行の模様を紹介します。

岩手のボートロックといえば、アイナメ・ソイがメインターゲットとなりますが、
最近はメバルも狙って獲れるターゲットになってきています。

例年、初夏のアイナメが一段落すると、デイゲームでのメバルを楽しんでいる私ですが、ボートでメインに狙っている遊漁船はあまり聞きません。
今回、調査がてらとお誘いいただいたので釣行してきました。


最初にエントリーしたのは、ショアラインやボトムに岩がゴロゴロとしているワンド状のエリア。

まずは、ミノー S、ノリーズ/2.8" インレットミノーイワシヘッド 5gにセットし、
各色をローテーションしながら狙っていきました。

MINNOW

INLET MINNOW

IWASHI HEAD

時間を数えながらカーブフォールさせ、目的の水深まで沈めた後は、一定層をキープしながらリトリーブです。

インレットミノーのIL04:パープルワカサギというカラーが、このタイミングでは1番アタリが強く出ていたので、しばしこの組み合わせで連荘。

rock1_20200819.jpg

サイズは25cm前後が多く、ファイトも強くとても楽しめます!


次に向かったのは、岬の先にある島周りのエリア。
岸沿いには海藻が生え、サラシもできていて、いかにも良いサイズが出そうな一等地です。

ここはサイズ狙いで、グラスミノー Lをジグヘッド 10gにセット!
カラーは、先程の状況から497:オーシャンピンクシャイナーを選択しました。



海藻ぎわにキャストし、ここでも時間を数えながらのカーブフォールで目的の水深まで沈め、
一定層をキープしたリトリーブで狙います。

すると、鋭いバイトからの重量感で良いサイズと確信!
上がってきたのは、狙いの尺メバルでした。

rock2_20200819.jpg

十分に満足ですが、メバルは群れで居ることが多く、再現性の高いターゲットです。

先程のイメージ通りに狙った次投でドラマが!
先程より強いバイトからのかなりの重量感! 心拍数が高まります。

そして上がってきたのは、36cmのランカーサイズのメバル!

rock3_20200819.jpg

サイズ以上に、連続の尺メバルと再現性を出せたことに、かなりの達成感を味わえました。

ボートでのメバリングは、足場が固定されている陸っぱりと違って船が流されるので、
一定層をキープしたリトリーブをすることが難しい釣りです。

ラインのテンションを一定にするために、ラインを巻いたり止めたり、またはサミングしながら出したりして
ラインが張らず緩めずの状態を作って操作していくと良いと思います。

再現性の高いメバルゲーム、楽しんでみてはいかがでしょうか?


<タックルデータ 1>
ロッド:6フィート10インチ L スピニング
リール:スピニング 2000番
ライン:PE 0.4号 リーダー:フロロ 6lb.

<タックルデータ 2>
ロッド:7フィート6インチ ML スピニング
リール:スピニング 3000番
ライン:PE 0.8号 リーダー:フロロ 10lb.