バルトでオオモンハタ50UP連発!

顔写真.jpg
平岩秀一郎
(エコギアプロスタッフ 福岡県在住)
フィールド:宮崎県 日向灘

こんにちは! 北九州の平岩です。
11月下旬、宮崎県の日向灘へボートロックに行って来ました。狙いはオオモンハタ!

近年、年に数回は渡船を利用して周辺の沖磯へ釣行していましたが、豊富なベイトフィッシュ量と温暖な黒潮の影響で、
この海域のオオモンハタのプロポーションは九州随一と言っても過言でないほど、パワフルでコンディション最高な個体が多いです。

そんなエリアでのオフショアゲーム!
高鳴る期待感を持って出船しました。

海域を熟知している船長さんの案内で、良さ気なポイントをテンポ良く移動して行きますが、
当日は目に見えるベイトフィッシュは確認出来ず、魚探を見てもハッキリしたベイトの層がある訳でもない......
と言うのが、どのポイントでも共通したイメージでした。

狙う水深は20~40mライン。
潮流と水深を考慮してPE 0.8号をメインラインに、リーダーはフロロ 16lbで操作性を重視して臨んでみました。
リグは同船者3人ともバルト 4インチにスイミングテンヤのセッティング!

(バルト 474: CPリアルボラ

SWIMMING TENYA



自分はブレードスピンのロングリーフブレードを追加してフラッシングでもアピール!

(ブレードスピンロングリーフ シルバー)

ベイトフィッシュのポジションがハッキリしないまま、最初に50cmクラスのオオモンハタをキャッチしたのは同船者の方。
着底から3巻で釣れたそうです。

盛期であれば大型のオオモンハタは中層に浮いてベイトを追い回している事が多く、
【着底から15~20巻してはフォールを繰り返す】というのが基本的な狙い方。
ですが、今回は中層から上のレンジにベイトが確認出来ず、全体的に沈んでいる状況。

幸いにリグは全員同じなので釣りを絞り込んでいく情報は共有できます。
どのポイントでも中層まで巻いてみるもののバイトはありません。

確信を得るために中層まで巻くスイミングを続けていた私もスイミングテンヤ30gから40gに付け替え、
よりボトムに近いレンジを長く巻ける釣りにシフトするとビッグバイト!
50cmクラスのオオモンハタをキャッチ!

rock1_20201228-1.gif rock2_20201228-1.gif


やはり、どのポイントでもバイトがあるのはほぼボトムべったり。同船者が全員バルトのスイミングで狙っていたお陰でヒットパターンを早期に絞り込む事が出来ました。

以後、同じパターンで大型のオオモンハタを連発! しかも、ほぼ50cmクラス!

rock3_20201228-1.gif rock4_20201228-1.gif rock5_20201228-1.gif rock6_20201228-1.gif

「バルトの波動とスイミングテンヤが効いているのは間違いない!」「レンジも間違いない!」という確信に辿り着きましたが、
釣れている時こそ何かを試すチャンスでもあります。

ふと考えると、この一帯のメインベイトはキビナゴ。
シルエットがキビナゴに最も近いと言えば、パワーシャッド 4インチの115: パール/スモーク シルバーGlt.バック。

115:パール/スモーク シルバーGlt.バック

以前、周辺の沖磯でも有効だったアイテムだったので迷わず入れてみました。

すると着底から巻き上げた途端にリーリングが止まる電撃バイト!
「これは一番デカイ!」というのが瞬時に分かるトルクが伝わってきます。

ロックフィッシュボトムパワーオーシャン RPO710XHS2のパワーを活かしつつファイトして、
上がって来たのは、この日最大のオオモンハタ!

rock7_20201228-1.gif rock8_20201228-1.gif

54.5cm! スーパーコンディションのビッグフィッシュをキャッチ!
これにて納竿です。

終わってみれば3人でオオモンハタ12本。
しかも、そのほとんどが50cmクラスという驚愕の釣果!

「ジギングでは狙って釣った感はないけど、オオモンハタを狙うならバルトのスイミングで間違いないですね」
という船長のお墨付きを頂き、納得の釣行でした。

機会をみて是非ともまた行ってみたいと思います!ありがとうございました!


<タックルデータ>
ロッド:ロックフィッシュボトム パワーオーシャン RPO710XHS2
ルアー:バルト 4インチ、パワーシャッド 4インチ
    + スイミングテンヤ 30g、40g + ブレードスピン ロングリーフ