チョ~楽しい!!東京湾ナイトボートゲーム(シーバス編)

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

野呂 昌明 
野呂昌明(ノリーズプロスタッフ IQアオリイカサバイバー)
フィールド:神奈川県 横浜港

皆さんこんにちは!!
毎年この時期は花粉症に悩まされますが、この症状が出ることで春の訪れを感じます(笑)。

そして釣りの方でもこの時期最盛期を迎えているのが、東京湾ナイトボートゲームです!
特にシーバスとメバルはかなりの数釣りが楽しめます。
今回はシーバス編としてレポートします。

この時期はシーバスゲームの一大イベントでもある「バチ抜けパターン」と
「ベイトフィッシュパターン」の混合なので、シーバス達は常に好活性状態です。
ポイントによってどちらかのベイトが最良かを見分ければゲーム性も高くなり、
かなり楽しむ事が出来ます。

シーバスが水面を割ってボイルしている時はバチ抜けパターンなので、
ルアーはペンシルベイトやポッパー系のトップウォータープラグを選択します。
私が使用するのはトレジュシリーズで、ビックフィッシュを狙うなら「トレジュ133」、
カラーはバチに近い「S-18HFB:FBホログリーンイワシ」が絶対オススメです!!



バチ抜けなので、アクションをつける必要はありません。
水面をス~っと引き波をたてる感じでボイルの発生する付近にルアーをキャストするだけで、
シーバスはバシャバシャとルアーにアタックしてくれるので、視覚的にもとても楽しい釣りになります。
この時、早アワセは禁物。
ロッドにシーバスの重量感を感じたらフッキングするような感じでOKです。

次にベイトフィッシュパターンですが、ポイントにボイルがない時は
この時期に接岸しているイワシをシーバスは捕食しています。
この時のオススメルアーは「オイスターミノー92」です!!
カラーは白い常夜灯周辺ではホログラムボディーの

S-17H ホロマイワシ「S-17H:ホロマイワシ」や

S-20H ホロパープルイワシ「S-21:カタクチイワシ」。

赤い常夜灯周辺では「S-28:マットパールチャート」が非常に効果を発揮します。

S-24 ブラッディレッドシルバー

オイスターミノーのアクションも基本的にはゆっくり目のただ巻きだけで十分ですが、
特にスレたビックフィッシュに効果的なのが、障害物に照明があたってできる明暗の境目付近で
ルアーをピタッと止めたり、トゥイッチングを入れたりして誘うと、
ビックフィッシュはたまらずルアーにバイトしてきますよ。

seabass1_120329.jpg

この時期の東京湾ナイトボートゲームのシーバスは、
これからやってみたい入門者や女性アングラーには是非とも通っていただきたいですね!!

ルアーのキャストからシーバスのランディングまでの一連の動作がたくさん練習出来るので、
短期間での上達にはもってこいだと思います。
もちろんベテランアングラーでも非常に面白いゲームが楽しめるので、
結局は皆さんにオススメです(笑)!!

<タックルデータ>
ロッド:シーバスプログラム 72LLS タイドコントローラー
リール:3000番
ライン:ナイロン8lb.
ルアー:トレジュ133、オイスターミノー92