大鯛を捕る為の近道! 適材適所でロッドを使い分けろ!

吉田 裕樹
吉田裕樹(ノリーズプロスタッフ 千葉県在住)
フィールド:千葉県 外房

ノリーズプロスタッフの吉田です。

今回は、時期によるパターン別の
ロッドの使い分けを紹介致します。

まずは、昨年末から春先まで長期にわたったイワシパターン!
今シーズンは本当に凄かった! シーズン終盤でもこの釣果です。

tenya1_0608.jpg

tenya2_0608.jpg

tenya3_0608.jpg

前回のレポートでも説明しましたが、
縦に誘うのではなく、横にスイミングさせて誘っていく釣り。

ここではHTM710MLやHTM710Mの特長でもある
"乗せやすさ"&"しっかりとしたフッキング"が最重要なのです。

スイミングアクションをさせている為、
ティップからベリーにかけて硬すぎるロッドだと
バイトを弾いてしまいます。

そして、比較的遠い距離で掛ける為、フッキングパワーも必要不可欠。
HTM710MLやHTM710Mは、その条件を満たす、最適なロッドなのです!

次に、いよいよ本格的になってきたノッコミ真鯛!
私も徐々に釣果が上がってきました!

tenya4_0608.jpg

tenya5_0608.jpg

tenya6_0608.jpg

tenya7_0608.jpg

特に外房エリアでは、比較的水深が深く、潮の流れも速い状況下での釣りがよくあります。
その為、重めのテンヤを使用してももたれず、
さらに、ラインが50m以上出ている状況下でもしっかりとフッキングできる
バットパワーを持ったHTM710MやHTM80MH、
2枚潮などの悪条件の中で活躍するHTM80Hは、
もはやこの時期には無くてはならないロッドとなっています。

みなさんも時期や状況によって、しっかりとロッドを使い分けてみてください!
今までよりも大鯛に出会える確立がグンっとあがるはずです!

まだハイブリッドテンヤ真鯛を使ったことがない方は、
まずはHTM710Mからお試し頂くのが最適です。
シリーズの中では中間のスペックなので、あらゆる状況の中で活躍するロッドです。

ぜひ、お試しを!