八郎潟 HBA 2015 第3戦 ノリーズCUP

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター)
フィールド:秋田県 八郎潟

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフの三上です。

今回は、秋田県の八郎潟で開催されている
HBA(八郎太郎バスマスターアソシエーション)2015
第3戦 ノリーズCUPの結果をレポートしたいと思います。

HBAは、東北のビッグレイク 八郎潟から
バスフィッシングを盛り上げる為に2013年から発起し
今年で3年目になります。

参加者も年々増加しており、
今では50名以上が参加する大会規模になってきました。
HBAの影響で、新たにトーナメントを始める若者も増えつつあります。


さて、HBA 第3戦 ノリーズCUP!!

参加者53名中、リミット3本をそろえてきた選手は8名。
ノーフィッシュ申告が24名と、過去にないぐらいのタフコンディション戦。

そんな中でも、水の流れるエリアを見つけ出し
ゲームプランを組み立てて、リミットの3本をしっかりそろえてきた方が
上位を占める結果になりました。

なかには14本や、10本釣ったという、2桁釣果の方もいらっしゃいました。

bass1_0730.jpg

地元 津軽地方出身の仲間たちで作ったチーム「TUGARU」のメンバーが
ノリーズルアーで大活躍を見せてくれました。

てる選手が4,670g。
オーバルヘッドジグエスケープスイムツインで優勝!!

MC JIG ESCAPE SWIM TWIN

健資選手は3,940g。
フラチャットガンタージグライトで5位入賞でした。

HULACHAT GUNTER JIG FLIP

TOP 5の活躍、おめでとうございます。

bass2_0730.jpg

そして、大注目の田辺さんのウエイインショー!!
田辺さんは、5本キャッチして入れ替え、
ビッグウエイトで3本 4,000gを持ち込んできました!

毎年リミットをそろえ、
しかもどんなにタフコンディションでも
毎回TOPクラスのウエイトを持ち込んでくる田辺さん。
参考記録ながら、5位のウエイトはさすがです!

続いて、伊藤巧プロのウエイイン!

bass3_0730.jpg

伊藤巧プロは4,310g。(参考記録ですが4位のウエイト)
カバー最奥にスキッピングでルアーをねじ込み、
タクミくんのスーパーキャストでしか捕れない魚を持ち込んだビッグフィッシュ。

bass4_0730.jpg

ノリーズ プロスタッフ 進藤プロは、3,500gで6位。

いつもはSTCの営業、ボート整備などをやりながら
大会に出場されていますが、
今回は大先生がいる手前(!?)フルに勝負すればこの結果です!
流石、八郎潟を知り尽くしている裏番長。

bass5_0730.jpg

ノリーズ プロスタッフ 畠山プロは、3,340gで7位。

八郎潟のレジェンド 畠山さんも
得意のフリップドムの釣りでそろえてきました!

FLIP DOM

師匠である田辺さんと、ルアーもエリアもかぶりまくったらしいです。

bass6_0730.jpg

ノリーズチームが活躍する中、
自分はエリアだけにこだわりすぎ、同じようなエリアだけ回った結果、
完全に今の状況を見失い、フリップドムで何とか1本。

今後の課題が残る結果になりました。

bass7_0730.jpg

大会翌日は、不甲斐ない結果だった自分に
田辺さんが丸一日稽古つけてくれました。

bass8_0730.jpg

田辺さんに指導してもらった事は
今まで八郎潟でやってきた自分の経験にすべてが繋がり
自分が目指す最終目標が見えた気がしました。

今後のトーナメンター活動に活かせる様に精進します。

へばまた!!

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT660H
ライン:フロロ16lb.
ルアー:3" フリップドム


ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~