フラチャットのカラーローテーションで八郎潟を攻略

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター)
フィールド:秋田県 八郎潟

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフの三上です。

つい最近までまとまった雨も降らず、真夏日が続く猛暑だった八郎潟ですが、
台風の影響による雨、冷たい風の影響で、30℃以上あった水温が
一気に23℃付近まで下がりました。

そうなると発生するのが、泡ブクブクのターンオーバー......。

今回紹介するのは、バスの食いが悪くなった状況の中での
フラチャットのカラーローテーションによる釣果情報です。

bass1_0831.jpg

自分が選んでいるカラーは、
マッディーな八郎潟では、強くも弱くもないチャート系です。
まずはイエローパーチを基本として使っています。



にごりが入った時は、シルエットをハッキリさせる為に
マディクレイジーブラックかホワイトクリスタル。

 

さらに、ショートバイトで食いが浅い時はナチュラルカラーにします。

bass2_0831.jpg

先日の釣行で釣り上げた51cm、2,200kgは
冷たい雨風で水温低下後、湖がにごっていたので
フラチャットのマディクレイジーブラックを選択。

しかし、ショートバイトで食いが悪く
中々フックアップさせる事が出来ずにいました。

そこでナチュラルカラーのライブワカサギに変えた途端
フックアップ出来るようになり、
51cmを含む数本のバスをキャッチできました。

bass3_0831.jpg

そしてターンオーバーで不調続きの中での八郎潟ガイド。

「フラチャットなら何とかなるだろう。」と、
ガイドのお客様にもフラチャットで一日中巻き通して貰い、好釣果がでました!!

bass4_0831.jpg bass5_0831.jpg

どうですか? このプロポーション!!
フラチャットならこんなバスが釣れますよ(^^)d

bass6_0831.jpg

釣り方がはまり、連発モードからのダブルヒットもでました~♪
ヒットカラーはマディクレイジーブラック。

その日その日で釣り方とカラーセレクトをアジャストさせれば
ターンオーバー中のタフコンディションでも釣れちゃうのがこのルアーの力。
フラチャットの力なのです!!

みなさんも、ぜひフラチャットでいい魚を釣ってくださいね!

へばまた!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス HB640ML
ライン:フロロ10lb.
ルアー:フラチャット 10g


ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~