ガンターオーバル+3.6"フリップギル(プロト)で、ドチャ濁りの代掻き攻略!

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター)
フィールド:秋田県 八郎潟

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフ、ミカテツこと 三上 哲です。

今の時期の八郎潟は、代掻き真最中!で、当然のごとく透明度ゼロ!
ここ最近よく耳にするのは、ノーフィッシュや船中1本の釣果情報ばかり......。
残存湖はまだ少しマシで、代掻きの影響は少ないですが、あえて代掻き攻略にチャレンジしてきました。

bass1_0519.jpg

結果は、12バイト7キャッチ!
本日も聞こえてくる情報はノーフィッシュ、船中1本の釣果ばかりの中、12バイト7キャッチはヤバイでしょ(^q^)
それは、プロト(6月に発売予定)の3.6"フリップコギルがキモでした。

bass2_0519.jpg

[その3.6"フリップコギルを使って、いかにして代掻きでタフコンディション化した八郎潟を攻略したか?]を今回紹介します。

釣りをしているエリアは他のバサーと変わらぬエリア。他の釣り人が撃ち流した後でも関係なく
自分の3.6"フリップコギルにだけ、バスは反応するのです。
確かに代掻きでタフコンディションなのですが、その悪い水を嫌うことよりも、ベイトは勝ります。

バスにとっての、その【ベイトが勝る状況】に対して、どのように食うキッカケを与えるか?
......視界ゼロの中で重要になるのは、それは水押しの波動です。

bass3_0519.jpg

bass4_0519.jpg

メインベイトはザリガニ。
視界ゼロで小魚は追えない、でもザリガニなら何とかなる。といったところでしょうか。

ザリガニがハサミを倒した時がバイトのタイミング。
そのタイミングを波動で演出するために、ガンターオーバル 3/8oz. + 3.6"フリップコギル。

(ガンターオーバル インデックス画像)

ボトム着底後のゆっくり倒れ込む時にフリップギルの偏平ボディが出す、水押しの波動が効果あり
5本連続でキャッチ。

bass5_0519.jpg

ガンターオーバル3/8oz. + 3.6"フリップコギルで5本釣れた後、
ストラクチャーをタイトに撃てて、なおかつ可動域が広く、よりスローに倒れ込むチェリーリグはどうなのか?と思い
実際に試してみたところ、バイトが多発!!
よりスローに倒れ込むことで、それまで反応させられなかったバスも反応してきました。

しかし、ショートバイトすぎるのか?バイトは多いもののキャッチする事が難しく、
3.6"フリップコギルの5g チェリーリグでは、5バラシ、2キャッチ。バイトは多数でした。
ショートバイト対策でなにか工夫をしていれば、もっと釣果は上がったでしょう!
釣りをしながらそこまで煮詰める事が出来なかったのが反省点で、今後自分の課題にしていきたいと思います。

ぜひ皆さんも、3.6"フリップコギルが発売しましたら
色々なリグや使い方でビックフィッシュを釣りまくってください!

へばまた!!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス 760JH
ライン:フロロ 20lb.
ルアー:3/8oz.ガンターオーバル + 3.6"フリップコギル

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 680MH
ライン:フロロ 14lb.
ルアー:3.6"フリップコギル + 5g チェリーリグ


ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~」