秋はブリトロでビッグフィッシュ!

田中 大介
田中大介(ノリーズプロスタッフ 山口のストイックバスアングラー)
フィールド:山口県 菅野湖

皆さんこんにちは。ノリーズ プロスタッフの田中大介です。
秋も深まってきて、どこのフィールドでも魚のレンジが深くなってきている頃だと思います。
そんな時に有効な釣りを紹介したいと思います。

それは、"ブリトロ"リグです。
bass1_1111.jpg

数年前に琵琶湖で有名になり、ビッグフィッシュラッシュに沸いていたと思うのですが、
リザーバーでは投げている人をあまり見かけないように思います。
ブリトロはウィードレイクだけの釣りではないので、是非試してほしいと思います。

琵琶湖等のウィードレイクでは、水深3~4mまでを狙うことも多いと思います。
そのため、使うジグはMCジグの1/4~3/8oz.を使うことが多いと思いますが、
水深のあるリザーバーでは、もう少し楽にディープを攻めるために、フットボール型の1/2oz.がおすすめです。

私は、フックの大きさから、ガンターオーバルオーバルヘッドジグを食いの状況によって合わせていますが、
状況が合えば、しっかりと食い込むと思うので、より根掛りしにくく、バレにくいガンターオーバルが良いと思います。

GUNTER OVAL

ブレードのカラーについては、私はゴールドを使用することが多いですが、
ボトム付近を釣るのがキーとなる釣りなので、ブレードカラーにはそこまでシビアにならなくて良いと思います。
事実、カラーブレードの方にバイトが集中したこともあります。

この釣りの一番のキーとなるのは、レンジを一定でキープすることです。
特にディープレンジでボトムを切ってゆっくり動くフットボールブリトロの独特のアクションは、
他のルアーではなかなか難しいのものだと思います。

状況が良ければ、クリスタルS パワーロール3/4oz.、1oz.や、ディーパーレンジ3/4oz.などのスローロールが利きますが、
食い渋った時はブリトロの方が良いケースも多いです。

この釣りで一番難しいのは、フッキングです。決して早アワセをしないことです。
小さなバイトを感じたらそのままゆっくり巻き続けて、グッとティップが入ってから、大きくスイープにフッキングするのが良いです。
そのため、使用するロッドはジグ用ではなく、巻き用の方がベターです。

bass2_1111.jpg

私は、ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760Lを使用しています。
ラインのスラックも使いやすく、ビッグフィッシュにも負けないパワーがあります。


少し宣伝になりますが、先日から始めました【Bassers Lesson】という現場レクチャー型の講習で、57cmをキャッチしました。

bass3_1111.jpg
まさに、秋のブリトロフィッシュ!という釣れ方でした。

また、後半にはエスケープツインのテキサスリグにて58cmをキャッチ!
bass4_1111.jpg

bass5_1111.jpg

秋は気まぐれなバスも多いですが、状況がハマると一気にラッシュが掛かることも多く、時合を逃さないようにしたいですね。

では、皆さんも良い釣りを!!


<タックルデータ 1> ブリトロ用
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB760L
リール:ローギア
ライン:フロロ 12lb.
ルアー:オーバルヘッドジグ(134:ヨシノボリ)
+ 4-1/2" BTSブレードスピン(ゴールド)

  

<タックルデータ 2> テキサスリグ用
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 680H
リール:ハイギア
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:エスケープツイン(380:ダッピ)




■ブログ
「EASY ACTION!」