アフタースポーンのバスに最高に効く! 「フリップドム」が釣れる理由とは?

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター)
フィールド:秋田県 八郎潟

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフ、ミカテツこと 三上 哲です。

6月も半ばになり、八郎潟の近況としてはアフター個体のバスが多く、中には回復系のバスが混じるような状況です。
そして、今年も始まりました......ドム祭り(笑)

FLIP DOM

八郎潟では、この時期になるとあちらこちらでフリップドムを投げている人が一気に多くなる程の大人気ルアーです。
なぜ八郎潟でフリップドムが流行る(釣れる)のか!? それには理由があります。

その理由は、フリップドムのフォルムにあります。
目に見えているアシの周りには枯れたアシなどのゴミ溜まりなどがあるので
パーツが付いているルアーは途中で引っ掛かってしまい、ボトムまで落ちない事が多々あります。

FLIP DOM

フリップドムには邪魔になるパーツがまったく無いので、スムーズにボトムまで入れる事ができます。


そして、一番の強みはこの時期のパターンにあります。
いわゆる「高比重ワーム」には着水からバックスライドして速く潜る物が多い中、
フリップドムは着水から左右に揺れながらスローフォールするので、バスにルアーをゆっくり見せる事ができます。

八郎潟のようなマディシャローレイクでは、水深 1mをきるぐらいのアシ撃ちでは
"ルアーを長く見せる事"が大事なのです。

先日の釣行でもフリップドムが大活躍で、連日 二桁釣果が続いております。

bass1_0622.jpg

他の方も「フリップドムで50cmアップが2連発した~♪」とか
「フリップドムでしかバイトがない!」など、色んな方々から良い釣果報告が出ております。

bass2_0622.jpg

小さな子供にでも簡単にキャストしやすくて、よく釣れるフリップドム。
まだまだこの釣りで楽しめますので、皆さんもフリップドムでアシ撃ちの釣りを楽しんでくださいね~♪

へばまた!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST670H
ライン:R18 フロロリミテッドハードBASS 16lb.
ルアー:フリップドム(196: マッドシュリンプ)




●ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~」