【トラキン】トップマイスターに続き、ビッグタイトル連取!!

  • 情報公開日:
  • カテゴリ:

伊藤 雄大
伊藤雄大(ノリーズプロスタッフ Mr.精密機械)
フィールド:長野県 平谷湖フィッシングスポット、滋賀県 醒井養鱒場

trout1_1005.jpg

平谷湖フィッシングスポット主催【チャンピオンシップトーナメント】
醒井養鱒場 主催【ルアー名人戦】
西のトーナメントシーンでもメジャーな、この2つの大会。

2017年シーズンの全日程が終了し、年間ランキングが発表されました。
その結果、両方の年間総合優勝を獲得することができ、【トラキン】トップマイスターに続いて
今年2つめ、3つめのビッグタイトルを獲得できました!!

trout2_1005.jpg trout3_1005.jpg

どちらの大会も放流量が多く、魚の数が釣れる大会のため、
高活性な魚をいかにスプーンやクランクを中心とした横展開で釣り続けられるかがキーとなりました。
そんな中、好結果を残せたタックルセッティングを紹介したいと思います。


trout4_1005.jpg

<タックルデータ 1> 放流、クランク用
ロッド:スパイクアロー 62L
リール:ステラ C2000S ハンドル:ファンネル 47.5mm
ライン:ナイロン 3lb.

ロッドのパワーにより、手返し良く放流魚を釣っていくためのセッティング。
遠投ができるので、クランク戦でも出番が多かったです。
ナイロンの伸びを活かしてバラシを減らし、確実なスコアメイクを可能にしました。
パワー重視で47.5mmハンドルを組み合わせています。


<タックルデータ 2> セカンド以降のスプーン全般、マイクロクランク用
ロッド:エスクローザー 62ML
リール:イグジスト 2004 ハンドル:ファンネル 45mm
ライン:エステル 1.4lb.

最も多くの魚をキャッチしたタックル。
エステルラインと専用ロッドのコンビネーションにより、微かなバイトすら確実に捉え続けられました。
間違いなくこれからのエリアタックルのスタンダードとなるセッティングだと感じています。


<タックルデータ 3> マジックジャーク、ボトム全般用
ロッド:エスクローザー 61M-st
リール:イグジスト 2004H ハンドル:ファンネル 50mm
ライン:エステル 2.1lb.

プレッシャーによるタフコンディションを打開するセッティング。
従来はPEラインで行っていたメソッドを、ステルス性の高いエステルラインで行うことで、バイト数を増やせます。
ピンチの場面で何度も助けられました。
ハイギアリール特有の巻き重りを解消するべく、50mmハンドルを組み合わせています。


こうしてあらためて振り返ると、エステルラインの重要性が年々高まっているのが感じ取れます。
この冬発売となる「エスクローザー 62ML、61M-st」は、エステルライン使用を前提としたスペシャルロッド。
2年近く丁寧にテストを繰り返したので、最高の仕上がりとなっています。是非試してみてください。

両大会とも、釣場スタッフと有志の皆様のお陰で素晴らしい大会になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!