エスケープチビツインの5gヘビダンで連発! HBA ノリーズカップで準優勝

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

みなさん、こんにちは!
ノリーズ プロスタッフ、ミカテツこと 三上 哲です。

先日のHBA ノリーズカップで準優勝できたことを報告します!
ゲストには田辺哲男プロ、伊藤巧プロにお越し頂き、一年で一番盛り上がる八郎潟でした。

大会前日のプラクティスでは田辺さんと八郎潟の状況を確認。
サギがいる場所に入ると、水質、ベイトともに一等地を見つけ、
トップ、巻き物で探ると田辺さんがウォシャークローラーフカフカで50cmクラスのバスをキャッチ!

bass1_0803.jpg (609 青蛙)

フラチャット18g+レディーバランスの早巻きでもバイトがありました。
しかしその後が続かず、どちらのバイトもリアクション的な印象でプラクティスを終え、大会を向かえました。


大会当日は気温38℃、水温31℃。

プラクティスをヒントに、水質が良いエリアで流れが効く場所でのフィネスならいけるだろうと
選んだルアーはエスケープチビツイン(プロト製品)の5gヘビダン。
それがうまくハマり、リミット3本揃えて 4,080gで準優勝できました!

bass2_0803.jpg bass3_0803.jpg

巧くんもエスケープチビツインのヘビダンで7位入賞しておりました。

bass4_0803.jpg

試合の翌日も午前中だけ田辺さんと釣行し、大会同様の猛暑日。
エスケープチビツインの5gヘビダンだけにはバイトがあり、午前中の数時間で3本!

bass5_0803.jpg bass6_0803.jpg

トーナメントでも結果が出せて、あらためてエスケープチビツインの凄さを実感できました。
販売間近のエスケープチビツイン! 皆さんもその凄さを体感してみてください!

へばまた!!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST650M
ライン:R18 フロロリミテッド 8lb.
ルアー:エスケープ チビツイン(プロト)
    + 5g ヘビーダウンショットリグ


●ブログ「八郎潟 バスフィッシングガイド 三上哲 ~ふぃーっシュ!!~」