様々なルアーを駆使して真夏の高山ダム攻略中

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:京都府 高山ダム

お盆が明けて少し涼しくなりましたが、それでも日中はまだまだ暑い日々が続いていますね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

さて、今回は私の住んでいる三重県から近く、最近では自分にとって準ホームフィールドになっている
京都府と奈良県の県境にある高山ダムにおける、真夏の攻略法についてレポートさせていただきたいと思います。

このダムは、数年前に釣りビジョン「Go for it!」で田辺さんも訪れており、
その後も多くのメディア取材で取り上げられて、どんどん露出が拡大しているフィールドです。
主に関西圏からのアングラーがたくさん訪れており、関西のリザーバーとしては比較的よく釣れることもあって人気急上昇中で、
休日はいつもボートスロープが車でギッシリの人気フィールドとなっています。

湖の特徴としましては、水の色はこの地方のリザーバーとしては濁り気味で、いわゆるステインウォーター。
夏期には大きく減水することもあって立ち木などのストラクチャーは少なめ。
右へ左へと大きく蛇行する河川型のダム湖で、特に上流部は川に近いような状況で岸からエントリーできるところも多いため、陸っぱりアングラーも大勢訪れています。

そんな高山ダムの夏場は、陸っぱりを含めてやはり上流がアツいです。
が、上流はその分、人も非常に多く、サンデーアングラーの私は混雑を気にせずに自分のゲームを貫きたくて、たいていは中下流で勝負しています。
メディアを見ていても上流の攻略はたくさん紹介されていると思いますので、今回は私なりの夏の高山ダム中下流攻略をご紹介させていただきたいと思います。


高山ダムは、上述しましたように大きく蛇行する河川型のリザーバーのため、大きくベンドしたところや支流の絡むインターセクションなど、
地形や水通しを大きな視点でとらえてエリアセレクトをして行くことが重要です。
そしてそこにベイトフィッシュが絡むこと。そんなエリアをセレクトしていただければと思います。

ただし、ストラクチャーに乏しいためコレといった狙いどころは少なく、
またけっこう長大な流域面積のエレキレイクであるため、あまりスローな釣りから入ると正解を見付けるまでに時間がかかってしまいます。

そこで、まずはクランキングで魚を探してみてください。
水が濁り気味ということもあり、巻いて釣れやすい湖ですので、巻き物(特にクランクベイト)の練習をするには良いレイクだと思います。

私はいつもワーミングクランクショットショットシャロースクエアワーミングクランクショットフルサイズといったクランクベイトから入り、

WORMING CRANK SHOT   SHOT SHALLOW SQUARE 55  WORMING CRANK SHOT FULL SIZE

ファットなタイプのクランクに反応が悪い場合は、B-ヒララB-ヒララディープといったフラットサイドで魚を探しています。

B-HIRARA  B-HIRARA DEEP 68

サイズは選べませんが、その日の魚の活性や、どういう地形や水深を好んでいるかを判断して行くヒントになると思います。

bass1_0821.jpg bass2_0821.jpg bass3_0821.jpg

ちなみに、ここの魚は水が少し濁り気味ということもあってか
巻き物においてはややくすんだイエロー系のカラーに反応が良いように感じています。

ショットやB-ヒララのカラーで言うと、275: ブラウンシャワーダッドがまさにそんなカラーで特にお気に入りです。



ショットシャロースクエアの324:ルートビアシャッドも強いです。




また、真夏は朝の時間帯はこういった巻きのゲームに反応していても、お昼前後くらいから急激に反応が悪くなることが多いです。
そうすると、スローダウンゲームにシフトせざるを得なくなることも多いのですが、
その時もあまり小さなルアーを選ばずに、大きめでしっかりアピールしていく方が結果が出やすいです。

具体的には、ガンタージグライトFGダディが私のビッグワン狙いの鉄板で、毎回必ずビッグフィッシュをもたらしてくれます。

bass4_0821.jpg

数少ないですが、立ち木、大岩、ゴロタ石といった「ここぞ」というスポットに入れ、
フォール後にポーズ時間を取った後にボトムでアクションさせるとバイトしてくるパターンが多いです。

カラーはブラック、ブルー、パープルといったシルエットがはっきり出る存在感のある色をチョイスすることが多く、
そういった色に反応がない時にはパンプキンやグリーン系がオススメです。

bass5_0821.jpg bass6_0821.jpg bass7_0821.jpg

あと、もっとも手堅いのが6.5" シュリルピンのネコリグです。
ストラクチャーが少なく見た目にあまり変化のないストレッチではこれをボトムでシェイクしながらズル引きます。
特に新色の359:リアルゴビィはこの湖にすごく合っているようで、コンスタントにバイトが得られる保証付き!ですヨ。



bass8_0821.jpg

そして、本当に数少ないですが、沖めの立ち木、水通しの良い岩盤、
それとこのダムには水を循環させている取水施設が何ヶ所かありますがその流れが当たるエリア、
といった超A級の大場所ではヒラクランクノンビルデジタル140Fを入れ、デジ巻きで誘ってビッグフィッシュを狙うことが多いです。



ここの大型個体は恐らくケタバスを追っているものと思われるので、
カラーはそれに近いHR15:リアルオイカワオレンジベリーがお気に入りです。

bass9_0821.jpg bass10_0821.jpg bass11_0821.jpg


ということで、真夏の高山ダムの中下流攻略についてご紹介させていただきました。
今回はある程度ビッグフィッシュに的を絞った強めのゲームのみご紹介させていただいていますが、
数を釣りたい派の人はクワセをやればそれなりに出ると思いますし、もちろん今回ご紹介しなかった上流エリアも元々アツいですし、
いろいろなパターンで楽しめる湖だと思います。
お近くの方々はノリーズルアーを持って、ぜひチャレンジしてみていただければと思います!


最後に。
高山ダムは地元の方々のバスフィッシングへの理解が厚く、バスアングラーに非常に好意的で協力的なとてもありがたいフィールドです。
ヘラ釣りの方々もみえますのでマナーには十分に気を付けていただき、また休日のスロープは混雑しますので
迷惑駐車などないように漁協の方のご指示に従って行動していただければと思いますので宜しくお願いします。


<タックルデータ 1> クランキング
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB680L
ライン:ナイロン 12lb. or 14lb.
ルアー:ワーミングクランクショット、ワーミングクランクショットフルサイズ、
B-ヒララ、B-ヒララディープ(275:ブラウンシャワーダッド)、ショットシャロースクエア(324:ルートビアシャッド)

<タックルデータ 2> ラバージグ
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST700H
ライン:フロロ 20lb.
ルアー:ガンタージグライト 9g or 11g
+ FGダディ(159:ブラックブルーパープル、121:テキーラグリーン、146:ダークパンプキンブルーシュリンプ、454:グリーンフロッグパンプキン)

<タックルデータ 3> ネコリグ
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST670MH-Ft
ライン:フロロ 8lb.
ルアー:6.5" シュリルピン(359:リアルゴビィ)+ 1/11ozネコリグ

<タックルデータ 4> ヒラクランク系
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 690PH
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:ヒラクランクノンビルデジタル140F(HR15:リアルオイカワオレンジベリー)


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」