ミカテツ的! パイプレッシャーでも通用する究極の"食わせ"アイテム

田中 努
三上哲(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

ノリーズ プロスタッフ、ミカテツこと 三上 哲です。

2019年より八郎潟フルタイムガイドとして活動する事になりました。
今まで以上にフィールドに出てSNSなどを通して皆様に情報発信していきますので宜しくお願い致します。

さて、2月に入り私が住む青森県は連日-5℃から-9℃という氷点下の気温が続いております。
大体の湖や野池は凍って釣りすらできない状況ですが、唯一温排水が効いている湖に繋がる水路だけが釣りができる状況です。

bass1_0215.jpg

連日大勢の釣り人が出入りするため、相当なハイプレッシャーフィールドです。
ハイプレッシャーの中で釣りして気づいた究極の食わせアイテムを紹介したいと思います。


まずは「パドチューのノーシンカーリグ」。

2-1/2" PADTUE

これは、エビ食いを意識している時のマッチザベイト。
何を投げても反応しないような時でも、パドチューだけには反応してくれました。
使い方は、サイトでバスが寄ってきたら軽くトゥイッチしてアクションするだけで簡単に口を使ってくれます!

bass2_0215.jpg bass3_0215.jpg bass4_0215.jpg


次はバスが小魚を意識している時は「3.2"インレットシャッドの3.5gジグヘッドリグ」です。

INLET SHAD

小魚を追える状況の時はコンディションの良いバスが釣れました。
インレットシャッドの使い方はピリピリテールを最大限に動かすこと! そのためにも少し重めの3.5gジグヘッドをオススメします。
基本的にはただ巻くだけで一番効果のあるルアーですが、ボトムシェイクやシェイクの後のジャークで誘うのも有効です。

bass5_0215.jpg bass6_0215.jpg

今回はこれで48cmのグットコンディションなバスを釣る事ができました!

bass7_0215.jpg bass8_0215.jpg

八郎潟開幕が待ち遠しい今日この頃です!

へばまた!!


<タックルデータ 1>
ロッド:ロードランナー ヴォイス RR600STS(※現在は廃盤製品)
ライン:R18 フロロリミテッド 4lb.
ルアー:パドチュー

<タックルデータ 2>
ロッド:ロードランナー ストラクチャー ST650M
ライン:R18 フロロリミテッド 10lb.
ルアー:3.2" インレットシャッド
    + 3.5g ジグヘッドリグ


●ホームページ「八郎潟ミカテツガイドサービス」