大雨の後はストーミーマグナムで

田中 大介
田中大介(ノリーズプロスタッフ 山口県在住)
フィールド:山口県 菅野湖

皆さんこんにちは。良い釣りしていますか?
ノリーズ プロスタッフの田中大介です。

先日、大雨後の激にごりの中、良い釣りができたので報告したいと思います。

前日に大雨が続き、当日はほとんど降ってない状態。
このダムは上流にもダムを有しており、雨=激流とはならないのですが、期待を込めてスロープへ。
スロープ周りは、流れてきたゴミとうっすら濁りがあることから、とても期待して最上流部へ行きました。

そこは案の定の激流エリア。まさにストーミーエリアです。

SHOT STORMY MAGNUM

予想に反して多くの反応は得られませんでしたが、それでもグッドサイズが2匹相手をしてくれました。

bass1_20190823.jpg bass2_20190823.jpg

今回はストーミーマグナムTDMを使い分けてみました。
その結果わかったのは、ゴミが多めの激流ではオリジナルのストーミーマグナムの方が使いやすいということです。

おそらく動きも大きく水を噛むように作られているのですが、
複雑に水流が起こって水中にも多くの枯葉などのゴミが漂っている状態だと、TDMでは自分のリズムで巻けなかったんです。

なので、水の色が濃い目だったり、ゴミが多かった場合は、ストーミーマグナムの出番です。
ちょっと澄んだ水や、落ち着いた状況では断然TDMですね。細かな使い分けが、更なる一匹に繋がります。

ロッドはキャスト性能を考えてのロードランナー ヴォイス LTT 690PH。
このウエイトのルアーでも楽に扱えるので本当に重宝します。

アクションは、ただ巻きです。
にごりがキツいエリアでは、バスは目だけでルアーを追うのが厳しいので、あまり変化を付けない方がよいと思います。

それでは、良い釣りを! 参考になれば幸いです。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 690PH
ライン:フロロ 16lb.
ルアー:ショットストーミーマグナム(309: パールリアルギル)




■ブログ
「EASY ACTION!」