ウォッシャークローラーフカフカ&マッスルの落下昆虫パターン

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県

9月も後半を迎え、日中はまだまだ暑い日もあるものの朝晩はずいぶん涼しくなり、過ごしやすい日も多くなってきましたね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

今回は、毎年お盆頃~10月上旬くらいまでにかけて楽しんでいる、
落下昆虫を意識したウォッシャークローラーフカフカマッスルゲームのレポートです。

WASHER CROWLER  WASHER CROWLER

夏場~秋のはじめ頃になると、セミをはじめとしたいわゆる落下昆虫に絡めたパターンが
全国各地のフィールドであるのではないかと思いますが、
ウォッシャークローラーシリーズは、まさにこの時期が「出しどころ」のひとつであり、ビッグフィッシュの確率が高く、とっても有効です。

フィールドは、木が水面上に覆い被さっているシチュエーションのところを選びます。
その状況であれば、リザーバーでも野池でも、またはボートor陸っぱりに関わらず、成立するところは多いのではないかと思います。

釣り方は、基本的に木の下にフカフカを投げ、着水で少しポーズを取った後にゆっくりとリールを巻いてルアーをアクションさせます。
あえてあまり速く引かずに、若干ゆっくりめ(音で言うと「ゴボゴボ」ではなく「コポコポ」くらいのサウンドになるスピード)で
引いてあげる方が虫パターンの時は良いように思います。

そして50cm~1mくらい引いたらストップして、3~5秒くらいポーズを取ります。
また引いてはポーズを繰り返し、いかにも弱ったセミが溺れかけている様子を演出します。

bass1_20190926.jpg

フカフカはおなかに付いているブレードのスウィングが生み出すボディーのタテ波動で魚にアピールしながら、
少ない移動距離で狭いスポット内でもしっかりとしたアクション&サウンドとポーズを繰り返すことが出来るため、この釣り方にとても向いています。
とにかく、やや時間をかけてゆっくり誘うことが大事です。

bass2_20190926.jpg

バイトはポーズの最中に出ることが多いので、メリハリを付けてしっかり「止め」の時間を取ってあげてください。
もちろん引いている最中のバイトもありますので特に陸っぱりでは足元まで気を抜かないようにしましょう。

あとは田辺さんがよく「落ちパク」と言っているように、着水と同時にもよく出ます。
このルアー特有の「パシャーン」という着水音がとても魅力的なので、
キャスト時はそのことを意識してあえてやや山なりに投げることも重要です。
落ちパクしなくても、この着水音で魚の興味を引く可能性が高まると考えています。


フカフカをメインとしながら、広いストレッチを線で探りたい時や風があって少し水面が波立っているような場面では、
よりアクションの強いマッスルをチョイスします。

こちらは「セミシルエットのバズベイト」みたいな感覚で、基本はただゆっくり巻くだけでOKです。
多少の風があるような状況下でも、マッスルはしっかりと存在をアピールして魚を引っ張ることが出来ます。
バズベイトよりもスローに引けることも強みです。

bass3_20190926.jpg


カラーは両方のルアー共に、セミを意識してブラック系をチョイスすることが無難ではありますが、
ローライトな日や水が濁り気味の時には派手めの方が効くこともありますので両方揃えておくことをオススメします。

その中でも、マッスルにラインナップされている602:ベーシックイエローオレンジが大のお気に入りです。



オレンジというのは誰もがアピールカラーと捉える色だと思いますが、
落下昆虫を意識する場合にはオレンジはナチュラルカラーにもなり得ると考えています。

どういうことかと言うと、自然界にはハチ、アブ、チョウ、ガ など、オレンジ色の虫は多数存在していますよね。
その意味ではオレンジはただの派手カラーではなく、アピールカラーでありながらナチュラルカラーでもある存在なのではないかと考えているわけです。

ウォッシャークローラーマッスルに限らず、ぜひそんな視点でオレンジ系の他のルアーも投げてみていただければ新たな発見があるかも知れません。
また、フカフカからはもうすぐニューカラー(601:ベーシックホワイト、622:JPブラック)が出ますので、そちらも楽しみにしています。

  

ということで、今回は落下昆虫期のクローラーゲームについてレポートさせていただきました。
もちろんクローラー系のゲームは落下昆虫期だけのものではありませんし、
バイトしてくるすべての魚が落下昆虫を狙っているわけではないとは思いますが、
クローラーベイトで釣りたいけれど「出し時」、「出し所」がよくわからないという方々にはわかりやすい考え方ではないかと思います。

また、そう考えることでマッチするシチュエーションが自ずと見えて来るのではないかと思います。
季節的にもまだまだ行けると思いますので、ぜひチャレンジしてみていただければと思います。

ウォッシャークローラーフカフカ&マッスル共に少し高額なルアーですが、
ずっと心に残るようなビッグワンが「マジで?!」と思うくらいド派手に水面を炸裂させてバイトして来ますので、
お値段以上にプライスレスな価値あるゲームが楽しめると思いますよ!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 620PMH
ライン:低伸張性ナイロン 17lb.
ルアー:ウォッシャークローラーフカフカ(613:ブラックアブラゼミ、615:レッドボディ/クリームヘッド)、
ウォッシャークローラーマッスル(602:ベーシックイエローオレンジ)


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」