低水温期のリザーバーで「強いスローダウン」を可能にする、ガンターオーバル+FGダディ

渋谷 直隆
渋谷直隆(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 高山ダム、布目ダム、青蓮寺ダム

12月に入りいよいよウィンターシーズンを迎え、だんだんと難しくなってくる季節ですね。
皆さんは良いゲームをされていますでしょうか?

これからの時期、リザーバーではディープをやると数は安定して釣果に恵まれても、サイズが選べないことが多く、
逆に言うと、いいサイズを狙うにはシャロー~ミディアムレンジをやれば良い魚しか居ないので
ビッグフィッシュには出会えやすい季節と言えます。

特にシャローのパターンが効かない時に、水深 5~8mくらいの比較的状況が安定したミディアムレンジは、
状況を選ばず生活していることが多く、狙い目です。

ミディアムレンジの攻略においては、状況が許せばショットオーバー5ショットストーミーマグナム5といったディープクランク、
パワーロールスーパースローロールなどのスローローリングで成立させたいところですが、
冬に向かうと共にクリアアップして行くことの多いリザーバーでは、特にそうそう巻きでハメられることは多くはありません。

SHOT OVER 3  SHOT STORMY MAGNUM 5

POWER ROLL  SUPER SLOW ROLL

そんな時にオススメなのが、ガンターオーバル5/8oz+FGダディです。

GUNTER OVAL  4-1/2

実はこの組み合わせ、元々好きでよく使っていたのですが、
昨年の12月に田辺さんと高山ダムで同船させていただいた時に目の前で55upを釣って見せていただき、
改めてその効果を目の当たりにしてもっと大好きになったルアーだったりしています(笑)

bass1_201961206.jpg

このルアーは、ボリューム感と大きめのシルエットでビッグフィッシュにアピールしながら、
しかしフォールアクションとしては「ほぼI 字」でスーッと落ちて行きます。

これがビッグフィッシュに効果的で、バスは落ちて来るジグに気付いて
そのままボトムまで追いかけて行き(魚からするとボトムにエサを追い込んでいるイメージ)、
着底後にバイト、もしくは最初のワンアクションかツーアクションでバイトして来ることが多いです。
そしてこのゲームはいわゆるスローダウンゲームに入るパターンではありますが、
意外と手返しは遅くなく、底取りもそう時間はかからない上に長く誘う必要もないパターンのため、
ある程度のエリアカバー能力もあるゲームですので、晩秋~冬季にかけてとってもオススメです。

bass2_201961206.jpg bass3_201961206.jpg

カラーは、「ガンターオーバル 134:ヨシノボリ」+「FGダディ 043:ライトグリーンパンプキン」が鉄板です。

134  


そして水が特にクリアだったり晴れ上がって風もないといったシビアな時には
「ガンターオーバル 136:ライトグリーンパンプキン」+「FGダディ 004:ウォーターメロン ブラックFlk.」が鉄板です。

136  

ぜひ、お試しいただければと思います!


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス LTT 660H
ライン:フロロ 14~16lb.
ルアー:ガンターオーバル 5/8oz + FGダディ

■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」