灼熱のマディレイクでも爆釣できる! ショットオーバー2のクランキング!!

watanabe_kensuke.jpg
渡辺健資
(ノリーズプロスタッフ 青森県在住)
フィールド:秋田県 八郎潟

こんにちは、ノリーズプロスタッフの渡辺健資(わたなべ けんすけ)です。
今回は真夏の灼熱の中で爆発的な釣果を生んだ、ショットオーバー2の紹介です!

SHOT OVER 2

8月の八郎潟は水温が32℃から34℃まで上昇する事もあり、
バスは一段深い水深2メートル付近を回遊するワカサギやボラの稚魚に付いています。

それを捕食するビックバスに有効なのがショットオーバー2です!
流れのあるボディウォーターや、河川のアウトサイド側など、
ワカサキやボラの稚魚が溜まるレンジのやや上をかすめていくようにショットオーバー2を通します。
すると食い上げてくるような強烈なバイトでビックバスが口を使います。

bass1_20210811.gif

ショットオーバー2の強すぎず弱すぎないウォブルロールアクションが、
水温32℃を越えるような状況下でもバスにスイッチをいれ、バイトに持ち込めます。

ぜひ皆様も、熱中症などには十分注意しながら、ショットオーバー2で灼熱のバスフィッシングをお楽しみ下さい。


<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB680L
ライン:フロロ 12lb.
ルアー:ショットオーバー2(221: ナチュラルゴールド)