晩秋~冬季のインザベイトバスによるディープウォーターゲーム

渋谷 直隆
渋谷直隆
(ノリーズプロスタッフ 三重県在住)
フィールド:三重県 各地リザーバー

晩秋を迎え朝晩すっかり寒くなった今日この頃ですが、みなさん良いゲームをされていますでしょうか。
今回は、主に晩秋~冬季にかけて活躍してくれるインザベイトバスによるディープウォーターゲームをご紹介したいと思います。

bass1_1119.gif bass2_1119.gif

実際に今年もこの秋から絶好調で、ホームレイクである青蓮寺ダムでは滅多に出ない55cmアップまで登場し、
今の時期のリザーバー攻略での主軸となっているゲームです。

近年はディープレンジのバスを攻略するにあたり、フィッシングプレッシャーもあって、
間違いなく魚が居るところにライトリグを落としても全く口を使ってくれないことも多く、
メタル系のスピードとキラメキでリアクション的にバイトさせてしまうことが以前よりもより効果的になっているように感じています。

そんな中でも特にクリアウォーターでは、あまり激しいアクションや波動を発生せずに、
どちらかと言うとナチュラルで弱めなタイプのルアーが結果をもたらせてくれるように思います。

そこでインザベイトバスです。

IN THE BAIT / BASS

ボディー自体はいわゆる「I字」に近くほとんどアクションせず、
引っ張った時はもちろん、フォールの時も、あるいはステイさせている時も、リアのブレードが常に動くことで
ちょうど良い強さ(弱さ)で自発的に魚を誘い続けてくれます。

ライトリグに比べると十分に強く、かつスピーディーにエリアをチェックでき、
勝負が早いことも一日の限られた時間の中で有効となります。

さらには絶妙のバランスで作られているため、ほとんど根掛かりせず、
仮に引っ掛かってもロッドをあおるとほとんどの場合は自重ではずれてくれて、ロストが少ないことも嬉しいルアーです。

●使い方・アクションは大きく3パターンあります。

① キャストしてリフト&フォール
水温が下がり切っておらずまだ魚が広く散っていて魚に追う力がある時は、
少しキャストしてフリーまたはカーブフォールでボトムに落とし、
そこからリフト&フォールを繰り返して手前まで引いて来るというのがまずは一番基本的な使い方かと思います。


② バーチカルなヨーヨー釣り
もうひとつの使い方は、魚探でベイトの群れや立ち木などのストラクチャーを捉え、
バーチカルで直撃する方法が効果的です。

誘い方はリフト&フォールになるのですが、もっとわかりやすく表現すると
いわゆるヨーヨー釣りのような感じでロッドを上げ下げします。

スーッとゆっくりロッドを立て、そのまま張らず緩めずでフォールさせます。
バイトはフォール時が多いですが、上げる時に追い喰いして来ることもよくあります。

ちなみにメタル系ルアー全般に言えることですが、あまり激しく動かすとコイ科魚類がアタックして来てしまうことが多いように思います。
バスにはマイルドでゆったりとした動かし方が合っているんじゃないかと思いますし、
そんなにすごく動かさなくてもルアーは常に自発的に魚を誘ってくれていますので、
冬期のメタルゲームでコイ科魚類率の高い方々はその辺りを意識されるとバス確率が上がるのではないかと思います。


③ ドラッギング
応用編としては、②をしながらエレキで操船し、ドラッギングして動いて行くというのも
広いフラットやチャンネルなどを攻める時には効果的です。
また、タテ方向の動きよりも横に泳がせた時の方が良い時があり、
ラインを多めに出してのドラッギングで完全な横引きというのもアリです。

特にタテのゲームでバイトはあるけれどフッキングに至らないという時に効くことが多く、
「ディープウォーターでのミドスト」のような感覚でうまく一定のレンジをキープしてあげると
連続してバイトして来るようなことも何度も経験しています。

●ウェイトの使い分け、カラー、タックル

インザベイトバスには7g、12g、18gの3サイズがありますが、
魚のレンジが5m前後の時は7g。10m前後になると12g。15mを超えてくると18gというのを基本にしています。

もちろん、風や流れがあるとか、浅いけれども速く落としたい、深いけれどもゆっくり落としたい、など
状況により臨機応変にウェイトはチェンジしてもらえればと思います。


カラーですが、シルバーやゴールドなどのいわゆるメタリック系のカラーを基本とし、
晴天やクリアウォーターで魚がブレードのキラメキを嫌っていそうな時はほとんど光らないガンメタブレード系、
そして曇天や荒天時はシルエットがハッキリと出るペイント系、と3系統に分けて使い分けています。
この考え方の中でその日の当たりカラーを探して行くと良いと思います。

ちなみにメタリック系ではBR-261 メタルスプレイドグラスと、BR-262 カメヤマワカサギ、
ガンメタ系ではBR-120 ライブギルとBR-353 ブラックフラッシュ、
ペイント系ではBR-24 パールアユオレンジベリーが個人的なフェイバリットカラーです。


タックルですが、ロッドはハードベイトスペシャルのHB660MLS-SGtというグラスコンポジットを用い、
ラインはPE 0.6~0.8号+リーダーでフロロ8lbを合わせています。

この組み合わせにより、伸びのないPEラインをグラスティップが吸収してくれることで
バイトをはじくことなくフッキングをもたらせてくれます。
またファイト中も魚のパワーをうまくいなしてくれて皮一枚のような浅い掛かりの時も身切れを防いでくれるので、
このゲームになくてはならないロッドとなっています。

bass3_1119.gif

ということで、魚がディープ化するけれどもまだ追う力がある今くらいからの時期が、スピニングメタルをおぼえるには一番良い時期です。
特にクリアリザーバーではディープエリアを素早くチェック出来て効果的な一手になって助けてくれることがよくありますので、
ぜひチャレンジしてみていただければと思います!

<タックルデータ>
ロッド:ロードランナー ヴォイス ハードベイトスペシャル HB660MLS-SGt
ライン:PE 0.6~0.8号 リーダー:フロロ 8lb
ルアー:インザベイト/バス 7g、12g、18g


■ブログ
「ShibuyaのLONG WAY TO STRONG ~ 強いフィッシングパターンへの道 ~」
http://ameblo.jp/nshibuya199403/