第7回マルキユーM-1CUP 全国チヌ釣り選手権大会 九州地区代表決定戦

魚種 チヌ
場所 (都道府県)大分県 (釣り場)鶴見
日時 2019 年 10 月 27 日

当日の状況・大会概要

大会当日は、比較的天候に恵まれ、大分県北鶴見会場に各予選を勝ち抜いた32人が集結(長崎県北九十九島A大会枠8名、長崎県北九十九島B大会枠8名、大分県鶴見大会枠4名、山口県光市大会枠7名、MFG九州枠4名、マルキユー推薦枠1名)。組み合わせ抽選を終えた選手たちは2便に分かれて出船しました。競技は2人1組(1ラウンド60分の2ラウンド)のトーナメント方式で、審査規定はチヌ25cm以上、5尾以内の総重量で行われた。各選手は、2020年10月17日・18日に、大分県鶴見で開催予定の決勝戦へ出場できる代表枠4名を争いました。事前情報では、全般的なチヌの釣果は悪くかったですが、雨の後で海の状況が大きく変化したのか、当日は非常に厳しい状況となりました。しかし、出場した各選手は釣技を駆使して、各ブロックとも代表決定戦らしい接戦で白熱した試合が展開。最終的に見事に勝ち上がった4選手が決勝戦への切符を手にした。
結果表(PDF)

20191027-1.jpg
上位4名(左から副選手、名村選手、世良田選手、宮原選手
20191027-2.jpg
3回戦時の最大釣果の副選手の釣果

優勝者のコメント・戦略

※3回戦時の最大釣果の副選手
3回戦の場所は「神の前」。遠投重視であるが状況によって近距離も狙う為、ウキは00号を使用し、エサの重さによって沈下させ、上層から底付近までを狙う様にした。海底に着底した後には仕掛けを抜き、誘いを入れエサをアピールさせる事に徹した。10m付近から30m付近を丹念に攻める事を徹した。決勝戦は地元大分県での開催なので、1戦1戦を大切に集中して悔いのない試合運びに心掛けたいと思います。

仕掛け

竿:0号-5m
リール:3000番
道糸:1.5号
ウキ:00号
オモリ:G5
ハリス1.5号
針:チヌ3号

エサ

(配合エサ):チヌパワームギスペシャル、チヌパワーV10白チヌ、爆寄せチヌ
20191027-3.jpg

(付けエサ):高集魚レッド、食い渋りイエロー、エサ持ちイエロー、丸エビイエロー、 スーパーハードチヌ、特鮮むきエビ、食い込みイエロー
20191027-4.jpg

結果

結 果氏名・住所(敬称略)釣果
Aブロック1位 世良 田遼平 (山口県下関市) 1尾 1,280g (竹ヶ島)
Bブロック1位 副 洋祐 (大分県大分市) 2尾 3,700g (神の前)
Cブロック1位 宮原 浩 (佐賀県唐津市) 抽選 (トギレのハナレ)
Dブロック1位 名村 亮太郎 (大分県大分市) 3尾 2,985g (山ノ下)
※(釣果は3回戦の釣果)