2019湾チヌカップ大阪予選大会

魚種 チヌ
場所 (都道府県)大阪府 (釣り場)大阪南港一帯
日時 2019 年 11 月 17 日

当日の状況・大会概要

大会当日は快晴、朝の冷え込みもなく、やや汗ばむ様な天候の中、4船に分かれ競技をAM7::00にスタート、終了PM13:00まで12月に開催予定の「湾チヌカップチャンピオン戦」の出場権をめざして熱戦が繰り広げられました。
今回の競技規定はチヌ(キビレを含む)2尾までの長寸で競われその都度釣ったチヌを現場で検寸しその後リリースする
る方法で、スタート直後からチヌの活性は良く、全体的に竿が曲がり役員が検寸に追われた時間帯もありました。
中には一人で二桁釣った選手もいてチヌの濃さが感じられる釣り場であった。
チヌのサイズも50㎝オーバーが8枚釣れ非常に活性もよく終始どこかで竿が曲がっている状況で21名が12月開催のチャンピオン戦の出場権を獲得しました。。
総合順位も接戦となり50㎝オーバーを釣らなければ上位に入れない結果となりました。

【チャンピオン戦進出者21名】
新波止エリア→宮部健一・奥出弘一・山神 薫・石塚幸治・峰 慎也・高森 誠・高橋明秀・森脇尚紀・中島雪絵・乾 武史・松田俊彦・中垣内 佑
セル石エリア→関谷太志・筒井修太郎・中村清志・笹倉孝幸・大槙英次・中島昌行
宇部エリア→川元 聡・澤田恒夫・柳川哲司
20191117-1.jpg

20191117-2.jpg
上位3名

20191117-3.jpg
全員集合

優勝者のコメント・戦略

釣り場  新波止 カーブ
釣り方  半誘導仕掛け
7:00にスタートしオキアミでフグが釣れ、7:20頃に39.5㎝のチヌが釣れた。続くかと思われましたがそれきりで
エサ盗りしか釣れず、9:00~10:00に沖向きに釣り座を替えたが釣れず、内向きに戻り10:00~10:30で
50.4㎝、49.7㎝の2枚が釣れました。エサはコーン3粒掛けです。タナは底から5㎝程度切っていました。
勝因  良い潮が来るまで辛抱強く我慢しコーンも取られる状況でしたがタイミングを逃がさなかった。

仕掛け

竿5,3m 
リール2500番
ウキ5B
道糸1,75号
ハリス1,5号
針2号

エサ

チヌパワーVSP・チヌパワーV10白チヌ・ナンバー湾チヌⅡ
スーパーハードL・食い渋りイエロー・コーン

結果

結 果氏名・住所(敬称略)釣果
優勝 宮部 健一   豊中市 100.1㎝ (50.4+49.7)
2位 高橋 明秀   大阪市生野区 98.8㎝ (50.5+48.3)
3位 乾  武史    香芝市 98.6㎝ (50.4+48.2)
4位 森脇 尚紀   姫路市 97.4㎝ (51.9+45.5)
5位 松田 俊彦   福井市 96.8㎝ (52.6+44.2)
チヌ(キビレを含む)2尾の総長寸