2019湾チヌカップチャンピオン戦

魚種 チヌ
場所 (都道府県)大阪府 (釣り場)大阪南港一帯
日時 2019 年 12 月 15 日

当日の状況・大会概要

当日は快晴、微風にて予選を勝ち抜いた選手42名(兵庫予選17名・大阪予選21名・昨年シード選手3名・MFG枠1名)
で受付・競技説明を終えAM6:30、2船に分かれて(21名づつ)出船となった。場所は「新波止」「セル石」を使用し前半戦AM7:30~10:00、後半戦AM10:50~PM13:20まで、選手を入れ替えての競技となりました。
朝は冷え込みもありスタート直後は活性も低く、太陽が昇りやや気温が上がり始めると竿が曲がりはじめたが全体的にはチヌの活性がなく規定の2尾を揃えた選手が5名と苦戦する厳しい大会となりました。
場所的には新波止の方で釣果が出ていました。今大会から上位3名が次回開催へのシード権を獲得しました。

20191215-1.jpg
上位3名

20191215-2.jpg
参加者集合

優勝者のコメント・戦略

タナは竿1本半状況を見ながら上下半ヒロにウキ止めを調整。ハリスを1ヒロをとりサルカンの直下に3B、サルカンから1ヒロに
カラマン棒と3Bをセット。
釣れた時間帯は11時半から12時。潮はほぼ動いていなかった。最初にかけた1匹が居食いだったのでチヌを掛けた場所にタナを
半ヒロつめて仕掛けを投入した。立て続けに2匹同じ場所でつれました。エサは全て「食い渋りイエロー」。
オキアミはエサ盗りに盗られる事が多かった。
勝因は潮が動いていなかったのでスリットの先(竿1本分)にまきえさを多めに打ってポイントを作った。仕掛けを投入して追い
まきえを打つというパターンを見つけ、それがはまった事が勝因かなと思います。

仕掛け

竿 0.6号
リール2500番
ウキ棒ウキ5B
道糸1.5号
ハリス1.5号
針2号

エサ

ナンバー湾チヌⅡ 2袋   サッとオキアミ 2袋  活さなぎミンチ激荒 1袋
くわせオキアミスペシャルL・ 食い込みイエロー・食い渋りイエロー

結果

結 果氏名・住所(敬称略)釣果
優勝 森脇 尚紀  姫路市 90.0㎝(46.8㎝+43.2㎝)
2位 小松 浅夫  泉大津市 86.8㎝(51.4㎝+35.4㎝)
3位 大槙 栄次  八尾市 84.3㎝(42.4㎝+41.9㎝)
4位 高橋 明秀  大阪市生野区 77.5㎝(39.0㎝+38.5㎝)
5位 筒井 修太郎 大阪市大正区 64.5㎝(38.0㎝+26.5㎝)
規定 チヌ(キビレを含む)2尾までの総長寸